掲示板

2022年

8月

06日

M3A1 Scout Car

8月に入りました。週の始めは40度に迫る酷暑に見舞われ、その後は一転して不安定な天気になり、断続的な豪雨に見舞われています。東北、北陸地方を始め、被災した皆さまにお見舞い申し上げます。

さて、今回は米軍アイテムでM3A1スカウトカーを展示追加しました。懐かしいEsciのキットですが、参考にしたのが日本の旧マックスの傑作だけに安心して組むことが出来ます。

0 コメント

2022年

7月

30日

Type 3 Medium Tank CHI-NU Kai

7月も終盤で、夏真っ盛りです。コロナの第7波がそろそろピークを迎えそうな状況で、日々20万を超える感染者数が報じられています。会合等に大きな制約はかかっていないので、日々の活動はほとんど変化なく、注意はしているものの、感染回避はもはや運頼みといった印象です。

さて、今回は三式中戦車の派生型を展示追加しています。IBGモデルのお陰で、日本軍車両の選択肢が増えありがたい限りです。

 

0 コメント

2022年

7月

23日

Munitionsschlepper Wesenhütte

7月後半を迎えました。天候不順は相変わらずで、地域によっては梅雨末期のような天候になっています。コロナが再拡大する中で、これから本格的な暑さが戻ってくるので、体調管理が難しいですね。

 

さて、今回は久しぶりに計画戦車コーナーに装甲牽引車両Wesenhütteを展示追加しました。計画車両といえ、実用化に限りなく近かった車両です。

0 コメント

2022年

7月

16日

Daimler Dingo Mk. Ia

7月中旬の連休中ですが、全国的に天候不順が続いています。線状降水帯が各所に発生しており、一部地域では水害になっています。被災地域の皆さんにはお見舞い申し上げます。東京も今晩はかなりの雨量が予報されており、気が抜けません。

今回は、英軍の代表的な装甲車であるDaimler Dingo Mk.Iaを2パターン展示追加してみました。個性的なフォルムで、個人的にも好きな車両です。

0 コメント

2022年

7月

10日

Rheinmetall Leichttraktor

一昨日の日本では考えられないようなテロに衝撃を受けました。安部元総理のご冥福を心よりお祈り致します。

 

 7月も半ばを迎えつつあります。梅雨明け後の方が天候が安定せず不思議です。コロナの感染が再拡大しつつあり、先行きが懸念されます。夏休みの消費拡大、インバウンド再開など、ようやく見えてきた明るさを損なわないよう慎重に行動する必要がありますね。

 今回は、WWIIドイツ戦車の原点というべきラインメタル軽トラクターを展示追加しました。

0 コメント

2022年

7月

02日

M4A3(76) W

7月に入りました。あっという間に梅雨が明けてしまい、6月末から異常な暑さが続いていてしんどいです。今後水不足が懸念されますが、案外盛夏の天候が不順になることもあり、さてどうなりますか。

 

さて、今回はM4A3(76)を展示追加しました。米国の工業力の象徴ともいえるM4シャーマンは、生産に関わる企業数の多さもあって、様々なバリエーションがあるのが魅力です。

0 コメント

2022年

6月

24日

Type 5 4.7cm SPG HO-RU

6月も終盤です。本来梅雨の真っ最中のはずが、晴天と異常な高温が続き、今年は空梅雨が懸念されます。

巻頭スライドショーが500台の節目を迎える今回は和製ヘッツアーとでもいうべきホル車を選びました。M.G.M.ベースですが、セミスクラッチ並みに手を入れてます。

0 コメント

2022年

6月

18日

Sdkfz. 251/4 Ausf. A

6月も後半に入りました。梅雨入りした割には、東京は、まだ本格的に降雨が続く状態にはなっていません。とはいえ、蒸し暑さはこたえます。

さて、今回はSdkfz. 251系列の砲牽引装甲車バリエーション251/4を展示追加しました。バリエーションの多い.250/251シリーズですが、ミニスケ業界のカバレッジはかなりのレベルです。今回のFTF製キットはその典型例です。

0 コメント

2022年

6月

11日

Long Range Desert Group Patrol Car

6月の中盤に差し掛かりつつあります。東京は既に梅雨入りしており、本日もこれから雨の予報。湿度が高く、かなり蒸し暑い状態です。3月末に続いて人事異動の季節であり、これが終わってようやく新年度が本格始動です。

さて、今回は英軍LRDGを象徴するシボレー30cwtを展示追加しました。Lewis Gunを装備したタイプです。今回は、デザートピンクはいわゆるピンクではないという説を採用しています。

0 コメント

2022年

6月

04日

Sturmgeschütz III Ausf. B

6月に入りました。昨日は不安定な天候でゲリラ豪雨に見舞われましたが、今日の東京は梅雨入り前の貴重な晴天になりました。貴重な晴れ間を使って塗装作業をすることが出来ました。

さて、今回は定番アイテムのIII突B型を展示追加しました。独特の魅力がある車両で昔から人気があります。ミニスケもO型からG型までカバーされており、今回のB型により、一応コンプリートしたことになります。

0 コメント

2022年

5月

28日

US 2.5t GMC CCKW

5月末です。東京は真夏のような陽射しで季節感が狂いそうな感じです。予報では今年の夏は暑くなるとのこと。エネルギーコストの上昇と発電キャパのひっ迫など、再び節電の夏になりそうな感じですね。

 

さて、今回は米軍を代表するトラックGMC CCKWを展示追加しました。地味な存在ですが、兵站を支える重要な存在です。これが大戦中の軍用車生産の最多というあたり、さすがアメリカ軍という感じです。

0 コメント

2022年

5月

21日

Sturmgeschütz IV late production

5月も後半に入りました。東京は五月晴れとは縁遠い天候不順が続いており、本日も断続的に雨が降っています。このまま梅雨に入っていきそうな雰囲気です。この時期は塗装が出来ず、作業が滞りがちです。

さて、今回はStug IVの後期型を展示追加しました。Milicastに次ぐ2作目はドラゴンのインジェクションです。この間のミニスケ業界のレベルアップを実感しました。

0 コメント

2022年

5月

14日

Cromwell Mk. IV

5月中旬です。GW明けの1週間を乗り切り、ようやくまた常態に戻ったのは良いのですが、今年は雨勝ちで梅雨が近そうな印象です。模型製作には向かない季節を迎えつつあります。

今回は、英軍巡航戦車を代表するクロムウェルを展示追加しました。登場してから随分経ちますが、レベルの傑作キットの魅力は色あせないです。

0 コメント

2022年

5月

07日

Sdkfz. 234/2 Puma

GWも終わり、5月が本格スタートします。幸いコロナも落ち着き、水際対策も緩和されるとのことですから、経済面でも明るさが増してくることを期待したいと思います。

今回は、メジャーアイテムであるSdkfz. 234/2プーマを展示追加しました。マッチボックスの旧作に次ぐ第2弾です。ハセガワのキットは非常に出来がよく、お勧めの一品です。

0 コメント

2022年

4月

30日

M4 with T34 Calliope

早いもので4月も終わり、GWに突入しました。3年ぶりにコロナ制約のない大型連休ということで各地の人手も多いようです。気を付けながら経済を回していくことが大切ですね。それにしても、円安が急速で各方面への影響が懸念されます。特に、今海外旅行にいくと、インフレと通貨安のダブルパンチです。

 

今回は、M4シャーマンに多連装ロケットCalliopeを装備したタイプを展示追加しています。イタリア旧Esciの傑作キットです。

0 コメント

2022年

4月

23日

CV-38 Radio

4月も終盤に入りました。来週には早くもGWがスタートします。東京は劇的な改善はないものの感染者数も減少傾向が続いており、久しぶりのノーマルな大型連休ということになりそうです。円安、物価上昇と厳しい状況ですが、経済面での好循環を期待したいと思います。今回は、イタリア軍のタンケッテCV-38のバリエーション(Radio)を展示追加しました。

0 コメント

2022年

4月

16日

Churchill Mk. III AVRE

4月も中旬になりました。三寒四温というより、まるでジェットコースターのような高温と低温の入れ替わりに体がついていかない状況です。新年度も本格的にスタートしつつあります。

今回はチャーチルのバリエーションAVREを展示追加しました。主砲が変わっただけで随分と印象が変わります。最前線で危険な作業に従事する工兵には頼りがいのある車両だったと思います。

0 コメント

2022年

4月

09日

Jagdpanzer IV L70

新年度が本格的にスタートしました。今日の東京は初夏を思わせる日差しでした。近所に学校が多く、入学式の学生・保護者でいつもより人出も多かったように感じます。職場も新たな体制となり、落ち着くまではしばらく時間がかかりそうです。

今回はIV号駆逐戦車ラングの後期型(L70)を展示追加しました。マッチボックスを作成してから四半世紀ぶりで、この間の進歩を実感しました。

 

 

0 コメント

2022年

4月

02日

Savm 43 (Sweden)

4月に入りました。実質的な新年度のスタートは来週の月曜になりますが、いずれにしても大きな節目です。

さて、今回は当館初のスウェーデンアイテムとしてSavm43を展示追加しました。大戦中に開発され戦後も長きに亘って運用された傑作です。スイス軍のG-13もそうですが、チェコの戦車技術には驚かされます。

0 コメント

2022年

3月

26日

Dodge WC-51

3月最後の週末となりました。毎度のことながら、年度末を迎え、あっという間に時間が過ぎていきます。今年は身近に新たな転身を迎える知人・友人が多く、年度の切り替わりがいつも以上に実感されます。

 

さて、今回は米軍の代表的なソフトスキンの一つであるDudge WC-51を展示追加してみました。

 

0 コメント

2022年

3月

19日

Bergepanzer IV

3月も半ばになりました。毎年のことながら年度末の喧騒であっという間に時間が過ぎていきます。今回はIV号戦車のバリエーションである戦車回収車Bergepanzer IVを展示追加しました。

 

3.11から11年目を迎えたばかりでしたが、東北地方を再び大きな地震が襲いました。被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。また、ウクライナでも戦争が続いており、被害が一般市民に広がり痛ましい限りです。1日も早い和平交渉の成立を期待しています。

0 コメント

2022年

3月

12日

Crusader Mk. I & Mk. II CS

3月も半ば。一気に気温が上がり、東京は本日20度近くになりました。春の訪れをうれしく思いつつ、日々報道されているウクライナの惨状に胸を痛めています。日本政府も避難民の受け入れを本格化させるという報道がありました。雇用の場、生活環境等の確保に全力で取り組んで頂きたいと思いますし、自らの貢献も考えていきたいと思います。

今回は、英軍の初期を代表する巡航戦車であるクルセーダーを2種類展示追加してみました。

0 コメント

2022年

3月

12日

Crusader Mk. I & Mk. II CS

0 コメント

2022年

3月

05日

Sdkfz. 231 6 Rad early production

3月に入りました。東京は急速に春めいており、春一番が吹いています。平時であれば、春の到来を喜ぶところですが、ウクライナの惨状を前に言葉がありません。寄付による間接的な貢献しか出来ませんが、ウクライナの人々のために祈っています。

 

今回はSdkfz. 231 6輪タイプの初期生産型を展示追加しました。

0 コメント

2022年

2月

27日

God bless Ukraine!

 

 

Solidarity with Ukraine!

I pray for the Ukrainian People.

0 コメント

2022年

2月

26日

M4A2

2月も終盤です。久しぶりの厳冬も少し緩んだ感じで、春の近さを感じます。今回は、米軍を代表するM4中戦車から、主に海兵隊で運用されたA2型を展示追加しました。

 

今ウクライナで起きている事態には、心が痛みます。ウクライナ国民の皆様のために祈っています。この蛮行は必ずや罰せられるでしょう。

0 コメント

2022年

2月

19日

Panzer M10 Ersatz

2月も後半に入りました。今年は久しぶりに本格的な冬で寒い日が続いていますが、それでも少しずつ日は長くなり、季節の移ろいが感じられます。コロナ第6波もピークアウトしつつあるようですので、今年は明るい春を迎えられることを期待しています。

さて、今回はM10に偽装したパンターG型を展示追加しました。映画バルジ大作戦の影響か、かなり有名な車両ですね。

0 コメント

2022年

2月

12日

Sherman Mk. III

2月も半ばに差し掛かってきました。このところ断続的に南岸低気圧の接近があり、東京は、雪の予報に振り回されている感があります。一昨日は大過なく済みましたが、また明日夜から雪の予報。また準備をしておく必要がありそうです。

さて、今回は英軍のシャーマン Mk. IIIを展示追加しました。M4A2の英軍仕様ですが、塗装が変わるだけで印象は大きく変わります。アフリカ戦線での本車の投入が、M4シリーズの実戦デビューとなります。

0 コメント

2022年

2月

06日

Jagdpanther II Ausf. A

2月に入りました。強い寒波が入っており、日本海側では大雪が続き、東京もかなり冷え込んでいます。コロナ禍は、感染者数が10万を超えるなど、第6波の真っただ中にあります。そろそろピークアウトすると言われていますので、感染しないよう個人個人が注意してやり過ごすしかないですね。若年層を中心に重症化リスクが低いのが不幸中の幸いです。

さて、今回は計画戦車の中でも、比較的現実的なJagdpanther IIのA型を展示追加してみました。一見すると、Jagdpantherそのものですね。

0 コメント

2022年

1月

29日

M5A1 Light Tank early type

1月も終わりです。つい先日正月だったような気がするのですが、時間の経過は本当に早いです。国内ではオミクロン株の感染拡大が続いており、連日の過去最高感染者数報道に感覚が麻痺しそうです。職場も感染者が増えており、だんだん身近な問題になってきました。

さて、今回は米軍の代表的な軽戦車M5A1の前期型(M5軽戦車と呼ぶべきか)を展示追加しています。ノルマンディー戦線で運用された車両を再現しています。

0 コメント

2022年

1月

22日

Trippel SG. 6/38

本日の未明に日向灘を震源とする大きな地震がありました。被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。最近、地震が頻発しており、改めて備えを見直そうと思います。また、コロナの第6波が急速に拡大しているおり、改めて基本動作に気を付けたいところです。

さて、今回は、Schiwimmwagenと競合したTrippel水陸両用車のSG.6/38型を展示追加してみました。大味なキットで、形にするのがやっとでした。

 

 

0 コメント

2022年

1月

15日

SAS Raider 4x4 Truck

1月も半ばに差し掛かりました。早いものです。オミクロン株の感染が急速に広がっており、第6波を迎えつつあります。東京は4500人超えとのこと。来週はイベントやら出張やら予定があるのですが、果たしてどうなるか懸念しています。

さて、今回は英軍アイテム、SASのコマンドカーを展示追加しています。コロナ禍による巣籠もりで少々ストックが積みあがっているため、しばらくの間更新ペースを上げる予定です。

0 コメント

2022年

1月

08日

Pzkpfw. 38 w/7.5cm KwK40(L/48)

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

本日から今年の模型作業を始動します。

 

先ほど、本日の東京の感染者が1200名以上というニュースを聞きました。懸念されていた第6波が急速に到来しています。重症化率が低いらしいので、ルーチン化した対策を継続して活動量は維持したいところです。

 

さて、新年第1号は当館らしく、ドイツ軍の計画車両から38(t)の発展形KwK40(L/48)搭載タイプを展示追加しました。

0 コメント

2021年

12月

25日

M4A1(76)W VVSS

2021年も残すところ1週間を切りました。コロナ禍が続いており、まだまだ気が抜けませんが、とりあえず無事に1年を過ごせたことに感謝したいと思います。

年末最後の更新は今年から展開を始めた連合軍カテゴリーとして米軍車両を4両追加しています。皆様どうぞ良いお年をお迎えください。

 

Thank you everyone for visiting the museum this year. Have a good year!

0 コメント

2021年

12月

25日

M3LEE, M8 Greyhound, M32B Recovery Tank

0 コメント

2021年

12月

12日

Type89 Medium Tank OTSU

12月も半ばに差し掛かりつつあります。このところ、2週間続けて週末も仕事があり、文字通り師走状態です。本日は幸い暖かい1日で助かりましたが、昼過ぎの地震には驚かされました。最近、各地で地震が起きていますので、改めて防災の意識を高める必要がありますね。

さて、今回は89式乙型を展示追加しました。89式のバリエーションがカバー出来るようになったのもIBGのお陰で、本当に有難いと思います。

0 コメント

2021年

11月

27日

Sdkfz. 250/11 w/ 2.8cm sPzB41

全国的に気温が下がっているようですが、本日は東京もかなりの低温かつ北風が冷たく、いよいよ冬本番の様相です。コロナが小休止で喜んでいたら、南アで新たな変異種が発見され、かなり懸念されるとのこと。欧州のこともあり、まだまだ気が抜けませんね。

さて、12年目を迎え、連合軍車両も展示に追加することにしましたが、新年度の最初はオーソドックスにSdkfz.250の系列としました、ゲルリッヒ口径漸減砲を搭載した11型です。

0 コメント

2021年

11月

14日

Firefly 1c, Churchill Mk. III, Bishop

0 コメント

2021年

11月

14日

Universal Carrier II Mark II

the. 11th anniversary

 

当館開設から11年目を迎えました。こうした場を持っていることが、製作の良いモチベーションになり、週末の作業を続けてこられています。この間訪問頂いた皆様に改めてお礼申し上げます。

さて、当館は枢軸国の車両を中心にミニスケールのカバレッジを広げてきました。今後もそれは変わりませんが、10年以上を経過し、枢軸国車両も相応にカバー出来てきたことから、連合軍車両にも食指を伸ばしてみることにしました。今回はその第1弾。大昔に作った旧作も含めて、英軍車両4両を展示追加しました。

0 コメント

2021年

10月

30日

Pzkpfw. I Ausf. F early production

10月も終盤です。明日はハロウィン&衆院選挙。コロナ禍が続いているとはいえ、一つの節目を迎えます。個人的にも出張や会合が立て続けに入るなど、潮目の変化を感じています。第6波に備えて慎重な行動を続けつつも、少しずつ日常を回復する段階です。

さて、今回はミニティーガーとでもいうべきI号F型の初期タイプを展示追加しました。良いタイミングなので、I号戦車系列の展示全体にも少し手を加えてみました。

0 コメント

2021年

10月

16日

T-28 Medium Tank

10月中旬です。季節外れの暑さも、そろそろ終わりのようで、この週末あたりから一気に晩秋の気配です。幸いコロナは一服状態なので、この貴重な時間を活かしたいと思います。

さて、今回はフィンランド軍が鹵獲したT-28を展示追加しました。追加装甲やフィンランド仕様への再塗装の前の段階を再現しています。塗装は旧ソ連軍の3色迷彩のまま。マーキングもとりあえず赤軍の部分をブルーでぬりつぶすなど、即席感のある車両です。

0 コメント

2021年

10月

02日

Sdkfz. 11 final production

10月に入りました。緊急事態宣言等が全国的に解除され、少しずつ常態に戻す段階に入ったことは素直に喜ばしいと思いますが、気がつけば、今年も残すところ3か月。制約の中で1年の大半が過ぎてしまったことになります。

さて、今回はドイツ軍ハーフトラックの代表格である3tハーフ(Sdkfz. 11)の最終生産型を展示追加しました。地味ですが、重要なアイテムだと思います。

2 コメント

2021年

9月

18日

Sdkfz. 247 Ausf. A

9月も後半に入りました。予想外の動き方をした台風14号が接近中で、今日の東京は降ったりやんだりの不安定な天候です。世は3連休ですが、減少傾向にあるとはいえ、引き続きデルタ株のため自粛モードが続いています。来月にはある程度緩和できると良いのですが。

さて、今回は大戦初期にごく少数生産された装甲車Sdkfz. 247 Ausf. Aを展示追加しました。クルップのトラックをそのまま装甲車にしたような即席感がありますが、独特の魅力があると思います。

 

0 コメント

2021年

9月

04日

E-25 Flakpanzer Sperber

9月に入りました。秋雨前線の影響もあり気温が急低下。東京は急速に秋めいてきました。パラリンピックも明日で閉幕。コロナ禍の下での異例の大型イベントも、イベント自体は大過なく完結できそうで何よりです。尤も、国内感染状況はまだ予断を許さない状況が続いています。Withコロナのニューノーマルへの移行を少しずつ進めていきたいところです。

さて、今回は当館らしいアイテムとしてE-25の対空戦車バリエーション「ハイタカ(Sperber)」を展示追加しました。

2 コメント

2021年

8月

21日

Type 94 Light Armoured Car w/ 37mm Gun

立秋も過ぎ、暦の上では秋を迎えています。今年も天候が不順であり、各地で痛ましい災害が起こっています。被災した皆さまには、こころよりお見舞い申し上げると共に、一日も早い復興をお祈りします。コロナもデルタ株の感染拡大が続いていますので、自衛に努めましょう。

さて、今回は94式軽装甲車のバリエーションである37mm砲搭載タイプを展示追加しました。97式テケへの進化過程を体現したマイナー車両です。

 

2 コメント

2021年

8月

07日

Panzerbefehlswagen 35(t)

8月に入りました。オリンピックも残すところあと1日。色々なドラマが展開され、堪能しました。パンデミック&酷暑の中、限界に挑戦した選手各位を始め関係者の皆さんの努力に敬意を表したいと思います。その一方でデルタ株の感染が拡大しており、予断を許さない状況になっているのも事実で、改めて気を引き締める必要がありますね。

 

さて、今回は35(t)指揮戦車を展示追加しました。チェコ生まれの軽戦車には独特の魅力があり、お気に入りのアイテムです

0 コメント

2021年

7月

24日

sIG 33 auf Pzkpfw. III Ausf. H

7月も終盤。梅雨明け後は、かなり暑い日が続いています。昨日は、いよいよ東京オリンピックの開会式が行われました。難しいタイミングの開催なので、どこまで祝賀色を出すのか難しいかじ取りだったと思います。なんであれ、開会した以上は、無事に盛会となることを祈りたいと思います。

さて、今回はIII号戦車車台に15cmsIG33重歩兵砲を搭載したDAKの現地改修車を展示追加してみました。変わり種です。

2 コメント

2021年

7月

10日

T-26 Finlandia-45

7月に入りました。各地で梅雨末期の大雨被害が出ています。被災された方には心よりお見舞い申し上げます。

また、東京では再びコロナ感染が拡大し、とうとう4回目の緊急事態宣言、オリンピックも無観客開催となってしまいました。何とも明るさに欠ける世相です。

さて、今回は久しぶりにフィンランド軍の車両を展示追加しました。とはいっても、鹵獲車両でT-26のフィンランド軍運用版です。

 

0 コメント

2021年

6月

26日

Leichter Radschlepper W15T(f)

6月も終盤です。東京は梅雨の合間の貴重な晴れでした。明日以降しばらく雨天が続くようです。周辺で職域接種などワクチンが着実に広がる一方、感染者が再び増加しており、予断を許さない状況です。あとわずかでオリパラです。果たしてどうなるでしょう。

さて、今回は前回に続きフランス軍からの鹵獲品の改造車両です。ラフリーW15T・6論トラックからの改造装甲車を展示追加しました。

0 コメント

2021年

6月

12日

Lorraine 37L w/ Panzer I turret

6月に入りました。明日以降、梅雨入りしそうとのことですが、7月並みに暑さが続いています。予定通りであれば、来月には1年越しのオリンピックが開催されます。さて、どんな感じになりますやら。

さて、今回はロレーヌ・シュレッパーのマイナーバリエーションであるI号砲塔搭載タイプを展示追加しました。ロレーヌのバリエーションも大分揃ってきました。

 

2 コメント

2021年

5月

29日

Autoblinda 43 Armoured Car(AB43)

5月最後の週末になりました。昨日、緊急事態宣言の延長が決まりました。まだしばらく中途半端な状況が継続します。しかし、色々な規制が出来ない理由に憲法を持ち出しますが、実際に裁判になると憲法違反事案の主張は「訴えの利益なし」で棄却されるはず。もっとしっかりと公共の福祉のための私権の制限のあり方を議論してもらいたいと思います。

今回は、久しぶりにイタリア軍アイテムAB43を展示追加しました。

2 コメント

2021年

5月

15日

Pzkpfw. II ausf. a1/a2/a3

5月も折り返しです。西日本が梅雨入りし、関東地方も間もなくとの予報です。季節は着実に進んでいます。一方、コロナ禍は相変わらずで、変異株の拡大でむしろ悪化している感さえあります。ワクチン接種の着実な進展に期待したいと思います。それにしても、猖獗を極めた欧米の急速なビルドバックをみるに、どこで対応を間違えたのか、気になります。さて、今回はドイツ軍のごく初期を飾るII号戦車a1/a2/a3型を展示追加しました。

0 コメント

2021年

5月

01日

Tieger I late production

2021年のGWに入りました。東京は再び非常事態宣言が発せられ、2年連続の自粛を強いられています。関西の状況をみれば、東京の状況が悪化するのは想像に難くなく、やむを得ない状況ですが、医療体制整備、ワクチン確保等、この1年という猶予時間をどう使ったのか、落ち着いたところで検証が必要だと思います。

さて、今回は定番中の定番ティーガー後期型を展示追加しました。

4 コメント

2021年

4月

17日

Sdkfz. 233 STUMMEL

4月も後半に入りました。まん防地域に指定されたものの、通勤時や町中の様子に変化はなく、第4波拡大は不可避に見えます。変異種はよりリスキーとのことなので、用心しながらワクチンを待つしかない状況です。今年も異例のGWになります。

さて、今回は昔から好きな車両の一つSdkfz. 233 Stummelを久しぶりに形にしてみました。

0 コメント

2021年

4月

03日

Waffenträger auf E-100 w/Flak40 Zwilling

4月に入りました。新年度のスタートです。昨年に比べれば随分落ち着いてきたものの、引き続きコロナ禍が続いており、いつも通りの年度始めとはいきません。大阪や仙台などで第4波の傾向が指摘されており、関東圏の今後も懸念されます。しばらくwithコロナ状態が続きます。

さて、今回はE-100車台にFlak40の連装を搭載したファンタジー系車両を展示追加しています。砲そのものは実在していますから、自走化させようとすれば、確かにE-100くらいしか選択肢はないでしょうが、やはり無理がありそうです。

0 コメント

2021年

3月

20日

Armored Utility Vehicle (SS-Ki)

3月も後半。いよいよ年度末です。明日で首都圏の緊急事態宣言も解除されますが、世界をみれば変異種の感染拡大が続いており、ワクチン接種とのイタチごっこ状態です。来週以降どうなるのか、慎重な見極めが必要そうです。

さて、今回は日本軍の変わり種である装甲作業車(SS器)甲型を展示追加しました。城壁破壊用の突角タイプと塹壕掘削鋤タイプのコンバージョンでしたが後者を選択してあります。89式のバリエーションに見えますが別物のようです。

0 コメント

2021年

3月

06日

Stug III O-Serie

3月に入りました。今年度もいよいよ終盤です。着実に春めいていますが、首都圏は残念ながら緊急事態宣言が延長され、しばらくは気が抜けない状態が続きます。もう少しの辛抱です。

さて、今回はStug IIIのOシリーズを展示追加しました。歩兵に随伴する装甲された自走火砲という独特のコンセプト(突撃砲)は、その後駆逐戦車化したことでアイデンティティを失い、WWIIだけの存在になりましたが、その記念碑となる車両です。

2 コメント

2021年

2月

20日

Sturmkanone 40 L/43 auf Pzkpfw. 38(t)

ちょうど1週間前の11時過ぎに再び東北地方に大きな地震がありました。東京もかなり揺れました。被災された方に心からお見舞い申し上げます。改めて地震国に住んでいることに思いをはせる必要性を感じました。

さて、2月も終盤。三寒四温状態で春が近づいているのを感じます。ようやく予防接種の先行接種も始まり、少し明

                     るい展望を描けそうな状況です。今回

                     はMarder IIIの前駆をなす試作車両

                     Sturmkanone 40 L/43を展示しています。

0 コメント

2021年

2月

06日

Zrinyi II

2月に入りました。毎年第四四半期は仕事が立て込んであっという間に時間が過ぎていく印象があります。今年も同様なのですが、やはり例年とは趣が異なります。非常事態宣言が延長され、医療体制のひっ迫は相変わらずですが、新規感染者数は少しずつ減ってきており、もう少しで先が展望できるようになるのでは、と期待しています。

さて、今回はハンガリー軍の突撃砲ズィリニィII型を展示追加しました。

2 コメント

2021年

1月

23日

Munitionschlepper auf Pzkpfw. I Ausf. A

1月も後半です。非常事態宣言が再び発せられてから2週間強。多少人手は減った感じもありますが、昨春とはだいぶ様相が異なります。果たして2月頭に解除できるのか。出来ることを着実に実践するしかありませんね。

さて、今回はI号戦車A型を改修した弾薬運搬車の2バージョン展示追加してみました。こうした補助車両も魅力的です。

4 コメント

2021年

1月

09日

Tacam R-2

遅ればせながら、2021年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。本日から模型作業再開です。

 

昨日から再び非常事態宣言が発出されるなど、首都圏を中心にコロナ禍が拡大しており、閉塞感のある週末を迎えました。短期間で抑え込むためにも、個人個人の行動が大切ですね。改めて基本動作に気を付けたいと思います。

 

さて、新年最初の更新は、ルーマニア軍の自走砲Tacam R-2としました。大好きな35(t)派生アイテムですが、残念ながらキット化には恵まれず、FTFベースでセミスクラッチしています。

2 コメント

2020年

12月

26日

Tieger I mid production

2020年も終わりに近づいてきました。今年は本当に異例尽くしの1年で、年末年始の過ごし方も例年とは全く違ったものになります。間もなくワクチンも投入されるようです。「夜明け前が一番暗い」ことを肝に銘じて、慎重に過ごしたいものです。

さて、今年最後の更新は王道中の王道Tiegerの中期生産型としました。皆さんどうぞ良いお年をお迎えください。

 

Thank you everyone for visiting the museum this year. Have a good year!

Bleiben Sie gesund und guten Rutsch!

 

4 コメント

2020年

12月

12日

Sdkfz. 234/3

とうとう師走に入りました。足許で業務に追われていることもありますが、今年は例年に比べても時間の経過が早く感じられます。3蜜回避で行動がパターン化している影響もあるのでしょうか。

さて、今回はSdkfz.234/3を展示追加しました。当館初のハセガワ製です。同社の製品群のなかでも出色の出来の良さで大変気に入ってます。

2 コメント

2020年

11月

28日

E-75 w/ 12.8cm Flak 40

11月も終盤です。来週から師走とは驚きです。当館もつい先日10周年を迎えたと思っていたら、もう更新のタイミングとなりました。コロナの渦中は、時間の経過が本当に早く感じられます。

さて、11年目最初の更新は、計画戦車E-75のバリエーション12.8cm砲搭載タイプを展示追加してみました。もはや計画車両というよりも、ファンタジー系ですが、なかなか興味深い車両です。

2 コメント

2020年

11月

15日

Type 95 small personnel carrier Model 5

11月も中旬になり、今年も残すところ1月半になりました。朝晩はかなり気温も下がり、空気も乾燥気味です。予想されていた通り、新型コロナの感染が再び拡大しており、しばらく気を抜けない状態が続きそうです。今回は、10周年記念のオイに合わせて、クロガネ4起のモデル5もアップしてみました。ACEのインジェクションは初めてでしたが、組み立てやすく好感を持ちました。

0 コメント

2020年

11月

15日

150 ton Super Heavy Tank O-I

the 10th anniversary

 

本日11月15日で当サイトは開設から10年を迎えることが出来ました。この場で定期的に更新することがモチベーションの一つになり、今日まで続けてこられました。これも訪問頂いている皆様のお陰です。改めてお礼申し上げますと共に、引き続きよろしくお願いいたします。10年目の節目を飾るのは、ファインモールドの150tオイです。最新のインジェクションの素晴らしさを堪能しました。

8 コメント

2020年

10月

31日

Semovente M42 75/34

10月最終日です。いよいよ今年も残すところ2か月余りです。コロナ禍で生活パターンが激変し、なんだか何もしないうちに1年が終わってしまう感じです。欧州をみていると、寒くなると感染が拡大する感じですから、これから正念場ですね。東京は今朝10℃を切りました。

さて、今回はセモベンテM42 75/34を展示追加しました。イタリア軍の車両は個性的で好きなのですが、意外にも今年最初の更新になってしまいました。定番のBRACH MODELです。

0 コメント

2020年

10月

17日

VK3002(DB)

10月も後半に入りました。全国的に気温が低めのようですが、ここ東京も12℃ほどしかなく、肌寒い雨の一日になっています。一足早く寒くなった欧州では新型コロナの感染が再拡大しており、これからの季節は改めて気を引き締めないといけませんね。

さて、今回はパンターの原型としてMAN社と競合したダイムラーベンツ社による提案(VK3002(DB))を展示追加しました。T-34の影響が色濃く感じられ、契機となった「T-34ショック」が如何に深刻だったかが分かります。キットはEMEWEのレジンですが、最近は全く見かけなくなってしまいました。

0 コメント

2020年

10月

03日

Type 89 Medium Tank KOU mid production

10月に入りました。今年も残すところ3か月を切った訳で、毎年のことながら1年があっという間だなと感じます。今年はコロナ禍の影響で特に早く感じられます。今月からGoToトラベルに東京が加わり、人の移動も活発になってきた感じですが、安全対策に留意しながらうまく経済を回していきたいところです。

さて、今回は89式甲型の中期型を展示追加しました。89式は個人的に好きなアイテムだけに、IBGのバリエーション展開は有難い限りです。

0 コメント

2020年

9月

19日

Raupenschlepper Ost (RSO) early production

9月も後半に入りました。コロナ禍のせいで、どうも時間の経過が早まっているように感じます。気が付いたら晩夏/初秋といった印象です。世はシルバーウィーク。幸い第2波は少し落ち着いた感じですが、欧州のように気を抜くとすぐ感染増になりそうなので、注意が必要ですね。

さて、今回はRSOの前期型を展示追加しました。メジャーな存在ながら、独特の形状や繊細な足回りでミニスケには不向きなアイテムかもしれません。今回はModelkrak製を採用してみました。

2 コメント

2020年

9月

05日

Unic P-107 U. 304(f) w/ 3.7cm Pak 36

9月に入りました。7月の長梅雨、8月の酷暑ときて、9月は冒頭から大型台風の連続来襲と、災厄が続きます。沖縄、九州方面の被災された方には心よりお見舞い申し上げます。

 

さて、今回はフランス製のハーフトラックをベースに製造された装甲バージョンUnic P-107 U.304(f)を展示追加しました。装甲タイプとしては2型でドイツ軍らしい傾斜装甲を組み合わせた複雑な形状をしています。

0 コメント

2020年

8月

22日

Pzkpfw. II Ausf. E

8月も終盤に差し掛かりつつあります。昨年までとは一変、非常に制約の多い夏ですが、時間は着実に進んでいます。尋常でない暑さが続いており、感染症と熱中症の二重苦の様相を呈しています。明日以降、少しは和らぐようですので、一息つけると良いですね。

さて、今回はII号戦車の中でもマイナーなE型を展示追加しました。D・E型は実車は失敗作ですが、独特の魅力があります。

3 コメント

2020年

8月

08日

Waffenträger auf E-100 w/ 12.8cm Gun

8月に入りました。非常に長く多雨だった梅雨がようやく終わったのは嬉しいのですが、いきなりの酷暑で大変です。東京は昨日初めての猛暑日になりました。世はお盆休みに入りましたが、今年はコロナ禍で例年通りというわけにはいかないようです。帰省すべきか否か、悩ましいところですね。

さて、今回は計画戦車の中でもかなりファンタジーに近いE-100車台を利用した12.8cm砲の兵器運搬車(Waffenträger)を展示追加しました。独特のフォルムが魅力的な車両です。暑中見舞いを兼ねて冬季迷彩としてみました。

 

2 コメント

2020年

7月

25日

Borgward Munitionsschlepper

7月最後の土曜日です。コロナ禍でどうにも時間感覚が麻痺しがちですが、もうそんな時期なのかと驚きました。世が世なら、今頃はオリンピック開幕一色だったわけですが、世相はコロナ一色。日本もどうやら第2波の真っただ中のようで、この4連休も自粛モードを強く感じます。

さて、今回はBorgwardの弾薬運搬車を展示追加しました。地味な存在ですが、ミニスケのカバレッジの広さを示す好例ともいえると思います。

0 コメント

2020年

7月

11日

Pzkpfw. Tieger II Henschel Production

梅雨前線が停滞し、広い範囲で記録的な豪雨が続いています。九州を始め、豪雨災害に見舞われた皆様に心からお見舞い申し上げます。

 

東京も7月に入ってからほとんど晴天をみる日がなく、今日も断続的に雨が降っています。折から新型コロナの感染者数が再び増加傾向を示しており、なんとなく落ち着かない雰囲気を感じます。改めて基本に立ち返って各人が感染拡大防止に努める必要があります。

さて、今回は王道のキングタイガーヘンシェルタイプを展示追加しました。アルディンヌ戦に投入されたSS第501重戦車大隊と魅力的な降下猟兵との組み合わせです。

4 コメント

2020年

6月

27日

E-12 Fennek

6月最後の週末です。西日本で記録的な豪雨が伝えられており、該当地域の皆様にお見舞い申し上げます。コロナ禍で忘れがちですが、気候変動のリスクが着実に高まっているようです。

今春の人事異動がこの時期にシフトしたため、先週末に大規模な発令があり、来週からようやく「新年度」が始まる感じです。今年は本当に色々と難しい年ですね。

さて、今回は計画車両であるEシリーズの一環として、E-12フェネックを展示追加しました。砂漠キツネの名を冠した偵察車両という位置づけです。

 

2 コメント

2020年

6月

13日

Panzerjäger 38(t) w/ 7.5cm L/70 (KwK 42)

6月も中旬。関東地方も梅雨入りしました。今日は朝から本格的な雨になっています。これから水害のリスクが高まる季節です。コロナ禍と折り合いをつけつつ防災面でも備えておきたいと思います。

さて、今回は計画戦車として、Panzerjäger 38(t) w/ 7.5cm L/70を展示追加しました。レジン製のキャタピラを捲くなど、一昔前の典型的なガレキ用作業が必要な代物ですが、実在していてもおかしくないような雰囲気を持つ好キットです。

 

0 コメント

2020年

5月

30日

Sdkfz. 254 (Saurer RK-7) w/ Panzer I Turret

気が付けば5月も終わりです。コロナ禍に翻弄されて、あまり実感がありません。緊急事態宣言の解除、東京都のSTEP2移行など、少しづつ常態への復帰が進みつつありますが、予想通り随所で第2波の兆候が現れており、予断を許しません。来週から在宅勤務が解除になる会社も多そうですので、通勤時のリスク拡大が懸念されます。

さて、今回は、オーストリア製のユニークな装甲車Sdkfz. 254のバリエーションを展示追加しました。無限軌道と車輪のハイブリッドの使い勝手はどうだったのでしょうか。

 

0 コメント

2020年

5月

16日

Flak30, Type 89 mid.production late ver.

5月半ばに差し掛かりました。昨日、多くの地域で緊急事態宣言が解除され、少しずつ日常を取り戻すフェースに入りました。東京は引き続き自粛モードなので、もうしばらくは変則的な勤務体系が続きます。とはいえ、この間オンラインでの在宅勤務に大分慣れてきたこともあり、100%コロナ以前の状態に戻ることはなさそうに感じます。

今回は、巣籠の成果として2点、Flak30と89式甲型の中期型後期仕様と展示追加してみました。

2 コメント

2020年

5月

02日

Kfz. 13

5月に入りました。令和になってちょうど1年。昨年は改元に伴う10連休が話題になっていましたが、今年は一転。新型コロナ禍に伴う緊急事態宣言の延長が決まるなど、自粛モードが続いています。今が正念場ですから、できる限り接触機会を減らすべく努力を続けていきたいと思います。

さて、今回はドイツ軍装甲車の前駆的な存在であるアドラーKfz. 13を展示追加しています。

4 コメント

2020年

4月

18日

Pzkpfw. II Ausf. L Luchs w/ Zusatzpanzerung

4月の後半に入りました。コロナウイルスの拡大が続く中、とうとう全国を対象とする緊急事態宣言が出されました。在宅勤務やオンライン会議が日常になりました。時々通勤すると、明らかに人手は少なくなっていますが、果たして2週間後のGW明けに一定の成果として現れるのでしょうか。今は2週間前のまだ「緩かった」時期の数値が表れている段階なので、数値や増減に一喜一憂することなくやれることをやっていくしかないのだと思います。

さて、今回はII号L型ルクスのバリエーションを増やしてみました。FLYHAWK社のキットはミニスケ離れした再現度の高いものが多く、好感が持てます。

0 コメント

2020年

4月

04日

Sdkfz. 250 neu w/ Panzerwerfer 42

4月に入りました。2020年度のスタートですが、コロナウイルスの影響で明らかに例年とは異なります。入社式は中止、新人の導入研修も在宅となるなど、新年度スタートの華やかさに乏しい状況は、拡散防止のためやむを得ないことながら寂しいものです。

さて、今回は計画車両としてSdkfz. 250 neuのPanzerwerfer搭載タイプを展示追加しました。実在していてもおかしくない車両です。今回MK社のインジェクションを初めて作成しましたが、間違いなくこのスケールの250系では決定版といえます。

2 コメント

2020年

3月

21日

Panzerjäger G-13 ( Switzerland)

3月も後半に入りました。引き続きコロナウイルスのため不自由な状態が続いています。幸い日本は相対的に抑制に成功していますが、経済への影響は深刻です。改めてグローバル化の進展による相互依存の高まりを実感しています。

さて、今回は当館初の戦後アイテムとなります。とはいっても、戦後スイス軍が運用したHetzerの後継生産タイプに当たるG-13です。1970年まで運用されたとは驚きです。一応現用車両ですから、大戦中の車両に比べて汚しは抑制しています。

2 コメント

2020年

3月

07日

Pz Spähwagen P204(f) w/ 5cm KwK38 L/42 Gun

3月に入りました。引き続き新型コロナウイルスが拡散しており、パンデミックの様相を呈しています。WHOがパンデミックを認めないのはCATボンド投資家の意向があるからとのうがった見方もあるようですが、何であれ専門機関には科学的知見に基づいて行動してもらいたいところです。

さて、今回はフランス製のパナール装甲車のバリエーションとして5cm KwK38砲搭載タイプを展示追加してみました。完成後に資料をみていて砲塔のリベットがオミットされているのに気づき慌てて補正しています。

2 コメント

2020年

2月

22日

41M Turan II

2月も終盤です。東京では本日春一番が吹き、気温も急上昇しました。三寒四温が続くにせよ、着実に春が近づいています。新型コロナウイルスの拡大が止まらず、その影響が徐々に直接感じられるレベルになってきており気になります。間もなく歓送迎会のシーズンですが、自分の職場も影響を免れそうにはありません。早く落ち着いてくれることを祈っています。さて、今回は久しぶりにハンガリー軍です。35(t)の親戚であり、大好きなTuran IIのサイドスカート付を展示追加してみました。

2 コメント

2020年

2月

08日

Flammpanzer 38 II

2月に入りました。暖冬気味のこの冬ですが、最強レベルの寒波を迎え、東京もかなり冷え込んでいます。コロナウイルスの拡大が止まらず、各方面への影響が懸念されます。各人が自分のできる感染予防策を地道に実践することが大切なのでしょう。

さて、今回は変わり種のFlammhetzer IIを展示追加しました。この種の車両こそ、ミニスケのカバレッジの広さを示す典型例といえるでしょう。

2 コメント

2020年

1月

25日

Type 94 Light Armoured Car

1月も終わりに近づいてきました。正月がついこの間だと思っていたら、あっという間です。毎年同じ感想ですが、第四四半期は年度末を控えて仕事も立て込むため、本当に時間の経過が早く感じられます。

暖冬気味ですが、本日の東京は曇天で冬らしい寒さになっています。さて、令和2年2回目の展示は、94式軽装甲車のIBG版としてみました。装軌式トレーラーが付属する魅力的なキットです。

0 コメント

2020年

1月

11日

E-5 Rutscher

遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。

新年最初の週が終わり、年末年始モードからようやく通常に戻りつつあります。今年もミニスケールのカバレッジの広さを感じさせてくれる様々なアイテムを展示追加していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

さて、2020年最初の更新は、久しぶりにEシリーズの新顔としてE-5 Rutscherを展示追加してみました。Eシリーズは個性的な車両が多く、魅力的なアイテムだと思います。

 

0 コメント

2019年

12月

28日

Pzkpfw TKS(p)

あっという間に年末を迎えました。平成から令和へと時代の変わり目に当たる1年で色々ありましたが、今年も無事に仕事納めを済ませることが出来、一安心です。もっとも、大掃除etc.まだまだ雑事が山積しています。

さて、今年最後の更新は文字通りのKleinpanzerとして、ポーランド製TKSをセレクトしました。RPMのインジェクションはツボをおさえたアイテム選択でお気に入りです。皆様、今年の1年お疲れさまでした。どうぞ良いお年をお迎えください。

 

Thank you all for this year. I wish you a good year next year.

2 コメント

2019年

12月

14日

Rheinmetall-Borsig Waffenträger für 15cm-sFH 18Rohr

2019年も12月に入りました。文字通り師走の慌ただしさのうちに時間が過ぎていきます。早く年内の仕事にひと段落つけて今年を振り返る時間を持ちたいものです。さて、年内の更新も今回を入れて残すところ2回となりましたが、今回はWaffenträgerのバリエーションの一つRheinmetall-Borsigの15cm砲搭載型を展示追加しました。このシリーズも大分充実してきたように思います。

0 コメント

2019年

11月

30日

Pzkpfw. 38(t) Ausf. G

一気に気温が下がりました。今年は台風や長雨のせいで「秋晴れ」を感じることが少なかったように思います。なんとなく夏から一気に冬に入った印象です。さて、今回はドイツ軽戦車の代表選手38(t)のG型を展示追加しました。35(t)や38(t)、ハンガリー軍のTuranなどチェコが開発した戦車は魅力的なものが多く、当館開設のモチベーションの一つでもあります。今回晴れてタミヤのMMに38(t)が加わるタイミングに合わせてみました。

0 コメント

2019年

11月

16日

E-100 Ausf. B

the 9th anniversary

 

11月も折り返しとなりました。今年も残すところ一月半となりました。年末に向けてますます時の経過が加速していくことでしょう。さて、お蔭様で当館は開設9周年を迎えることが出来ました。展示のカバレッジも少しずつですが広がっており、製作作業のモチベーションになってくれています。さて、今回の節目は、当館らしくドイツ軍の計画戦車カテゴリーとし、E-100のバリエーションを選んでみました。このジャンルは個人的にも気に入っており、今後も拡充していきたいと思っています。

2 コメント

2019年

11月

02日

Sdkfz. 247 Ausf. B

首里城の火災には衝撃を受けました。何度かお邪魔した者の一人として再興を祈念し、及ばずながら貢献したいと思います。

 

気温がなかなか下がらず実感に乏しいですが、11月に入りました。今年も残すところ2カ月を切り、改めて時間の経過の速さに驚かされます。さて、今回はドイツ軍装甲車の中でもマイナーな部類に属するSdkfz. 247B型を展示追加しました。この車両は昔からキット化されていましたが、近年新資料に基づくより正確な形状のものが提供されるようになってきました。

0 コメント

2019年

10月

19日

Opel Blitz

台風19号とこれに伴う水害等で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

 

10月も後半に入り、東京も大分気温が下がってきました。大型台風の相次ぐ来襲に加え、前線の活動が活発で天候が安定しない状態が続いています。10月といえば、晴天が続く運動会に恰好な季節という印象がありましたが、認識を改める必要がありそうです。さて、今回ですが、メジャーアイテムながら展示から漏れていたオペルの3トン型中型トラック Opel Blitzを展示追加しました。映画「大脱走」のイメージでLuftwaffe仕様にしてみました。

0 コメント

2019年

10月

05日

Pzkpfw Tieger II w/ Porsche Turret

10月に入りました。2桁になると俄然今年も終盤という感じになってきます。とはいえ、本日東京は最高気温32℃ととても秋とは思えない状況です。来週あたりから少しずつ秋めいてくるのでしょうか。さて、今回はメジャー車両Tieger II ポルシェ砲塔を展示追加しました。Fujimiの旧作に次ぐ2台目の展示になりますが、巻頭ページのスライドショーに掲載している車両が400台に達した記念にセレクトしてみました。

  

The number of vehicles listed in the slideshow on the top page has reached 400!

 

0 コメント

2019年

9月

21日

Type 98 4t Gun-tractor Shi-Ke

9月も後半です。東京も大分秋めいてきました。台風15号で被害を受けた方にお見舞い申し上げます。また、現在沖縄から九州地方を中心に台風17号の影響が出ていると報じられていますが、大きな被害が生じないようお祈りします。気候変動を実感するような状態が続きますね。

さて、今回は日本軍の補助車両から98式4トン牽引車シケを展示追加しました。こうした地味なアイテムをカバーしているのがミニスケールの魅力の一つです。

 

0 コメント

2019年

9月

07日

VK. 3001(H)

9月に入りました。関東地方は台風が接近中で、月曜の朝が今から思いやられます。季節は着実に進んでいます。

さて、今回は重戦車カテゴリーにVK.3001(H)を展示追加しました。ティーガーIの直接の先祖にあたる車両ですが、印象としてはIV号とティーガーの中間種のような感じで、あまり重戦車らしく感じません。恐らく主砲のせいなのでしょう。いずれにしても、興味深い存在です。

0 コメント

2019年

8月

24日

Autocannone 3RO with 90/53 AA Gun

8月も後半です。暦のように秋とはいきませんが、朝夕など少しずつ気温も落ち着き、「晩夏」という感じになってきました。秋雨前線の影響で天候が安定しないのが難点です。

さて、今回は久しぶりにイタリア軍の展示を追加しました。ランチャ3RO重トラックにアンサルド90/53高射砲を搭載したAutocannoneです。この種の車両はフィギュアと組み合わせると魅力が増すように思います。

2 コメント

2019年

8月

10日

3.7cm Pak 36 with Stielgranate 41

8月に入りました。いよいよお盆休みに突入という方も多いのではないでしょうか。気候の方は、長い梅雨が明けたと思ったら、連日の酷暑で少々ばて気味です。とはいえ、暦の上でははや立秋を迎えており、心なし日の長さも短くなってきたようにも思います。

さて、今回は火砲の展示コーナーの追加とし、3.7㎝Pak36を選びました。ドラゴンのものを採用しましたが、他にも出来の良いキットに恵まれたアイテムです。今回は変化をつけるためにStielgranate 41をミリキャストから援用してみました。

6 コメント

2019年

7月

27日

Krupp I Waffenträger with 12.8cm Pak44

7月も終わりに差し掛かっています。今年は梅雨が長く、ここ数日ようやく夏らしくなってきた東京です。欧州の猛暑など、地球規模での気候変動の深刻化を実感できます。今日はこれから台風6号の接近で大荒れの天候のようですが、これからようやく夏本番ですね。引き続き模型製作には不向きな季節ですが、雨天続きよりは「まし」だと思います。さて、今回はWaffenträgerシリーズからKruppの12.8cmPak44搭載タイプを展示追加しました。計画車両なのですが、実用化された車両の派生モデルなので自走砲コーナーに展示しています。

0 コメント