ミニスケール戦車館(Kleinpanzermuseum)へようこそ!

Welcome to my 1-76 & 1-72 Tank Museum(Kleinpanzermuseum)!

1/76や1/72の手のひらに乗るミニスケールAFV。その魅力は何でしょうか?

もちろん百人百様ですが、私にとっての魅力は、ディテールや保管スペースを気にすることなく、気軽にコレクションできる点にあります。実際、フジミ、ハセガワ、ドラゴンなどインジェクションメーカーに加えて、内外のガレージキットを視野に入れれば、ミニスケールは、驚くほどの種類をカバーしています。本館では、モデラーというより(それだけの技量はないですwww)、コレクターである館長がゆっくりと時間をかけて集めてきた作品群を紹介しています。基本、素組みです。メインは1/76です。これでどこまで行けるのかが個人的テーマですが(いまさら・・・・汗)、欲しくても同スケールにキットがない場合などは躊躇なく1/72でカバーしています

 

主な収録メーカー:Fujimi, Milicast, Cromwell Models, FCM, MMS, Ostmodels, SMA, M.G.M., Modelltrans etc. 

Recent News

更新記録/お知らせなど

2020年

10月

17日

VK3002(DB)

10月も後半に入りました。全国的に気温が低めのようですが、ここ東京も12℃ほどしかなく、肌寒い雨の一日になっています。一足早く寒くなった欧州では新型コロナの感染が再拡大しており、これからの季節は改めて気を引き締めないといけませんね。

さて、今回はパンターの原型としてMAN社と競合したダイムラーベンツ社による提案(VK3002(DB))を展示追加しました。T-34の影響が色濃く感じられ、契機となった「T-34ショック」が如何に深刻だったかが分かります。キットはEMEWEのレジンですが、最近は全く見かけなくなってしまいました。

0 コメント