ルーマニア軍一覧 Romanian AFV in 1/76 & 1/72

R-1 クロムウェル(1/76)

R-1, 1-76, Cromwell Models 

チェコ製AH-Ⅳのルーマニア仕様。騎兵師団の偵察部隊で使用されたようです。足回りは、後のLTvz.38を彷彿させますが、なにせ小さいのでびっくりします。これで東部戦線に投入されたとは。キットはクロムウェル1/76です。バトルフィールドシリーズは、おそらくウォーゲーマーを念頭に置いていたのでしょう。3台セットでした。いずれ残りと合わせてジオラマでしょうか。

R2  オストモデルス(1/76)

R2, 1-76, Ostmodels

 

ルーマニア版の35(t)です。1936年にチェコのシュコダ社に発注されたもので、オリジナルのLTvz.35に種々の独自仕様を盛り込んだもの。外観の違いで目立つのは、砲塔後部が鋭角になっている点です。東欧のマイナー車両はオストモデルスの真骨頂ですね。 2015年8月にフェンダー部の泥除け?を追加するなど、一部補正を施しています。

 

マーシャル駆逐戦車 FCM(]1/76)

Romanian Hunting Tank Maresal, 1-76, Fine Cast Models

 

ルーマニアが戦争末期に開発した駆逐戦車です。T-60のコンポーネントを利用した初期試作から最終的にはM-06タイプとよばれる最終プロトタイプまで完成したことろで敗戦により打ち切りになった不運な車両です。Hetzerを彷彿させますが、実際、これがHetzerの開発に影響を与えたという説もあるようです。キットはFCMの1/76。正面の写真しかないため車台は不明ですが、当社のは38Dとなっています。

Tacam T-60自走砲 オストモデルス(1/76)

Tacam T-60 SP, 1-76, Ostmodels

 

ルーマニアが1943年に開発した対戦車自走砲です。上記のR1やR2でソ連に攻め込んでみたものの、自国の装備の非力さを痛感したルーマニア軍が泥縄式に編み出した鹵獲兵器の組み合わせです。車体にはT-60軽戦車を転用、オープントップ化して搭載したのも、同じく大量に鹵獲されたソ連製の76.2mm砲でした。34両製造されて実戦投入されています。ドイツのMarderⅢ(r)に相当する存在ですね。キットはオストモデルスの1/76レジンです。

スコダ装甲車PA-III フェアリー企画(1/72)

Skoda Radpanzerwagen PA-III, 1-72, Fairy Planning

 

チェコスロバキア陸軍用に開発された装甲車です。重量6.5tで乗員5名と大型ゆえ、最高速度は35km/hだったようです。1927年に24両製造され、39年のチェコ併合に伴いドイツ軍が摂取、その後スロバキア軍とルーマニア軍にも回されました。キットはフェアリー企画のレジンで1/72。ユニークさでは、別頁のタートル(PA-II)に軍配が上がるかもしれませんが、いずれにしても当時のチェコの装甲車は個性的です。