ドイツ自走砲 No.1  German Self-propelled Guns No.1

Ⅰ号B型15cm自走砲  ミリキャスト1/76

15cm sIG33 auf Pzkpfw.Ⅰ Aufs.B    1-76(Milicast)

 

インスタント感漂う即席自走砲ですが、フランス戦で早くも重歩兵砲の自走化に取り組んでいるあたり、先駆的ともいえると思います。キットはミリキャスト1/76です。 これは、十数年前に出戻った時に初めて手にしたレジンキットでして、大変思い出深いものです。今回久しぶりに若干の手直しをしました。

10.5cm自走砲 Mk.VI 736 (e)  M.G.M.(1/76)

10.5cm LeFH16 auf Geschuetzwagen Mk VI 736(e), 1-76, M.G.M

 

これはまた小さな自走砲で。なんと、ビッカースの車台に10.5cm砲を搭載してしまうとは。227歩兵連隊の車両で12両が製造されたようです。同連隊はあと6両、15cm砲を搭載した支援車両も装備していました。キットはドイツのガレージメーカーM.G.M.。うーん久しぶりに「ガレージキット」を作ったというのが正直な感想です。形にするまでが大変。でも、完成すればいい感じです。

3.7cm Pak auf Pzkpfw. I Ausf. A, 1-72, Modeltrans

 

ドイツ軍の対戦車自走砲の黎明期に試作された車両です。I号A型に3.7cm砲をそのまま搭載しています。写真が数枚確認できますが、ごく僅か試作されたものでしょう。以下の4.7cm搭載自走砲に連なる存在です。キットはModeltransのレジン。残念ながらPak36の防盾がそのままでしたので、写真で確認できる範囲で修正を施しています。

Ⅰ号4.7cm対戦車自走砲 フジミ(1/76)

4.7cm PAK(t) auf Pzkpfw.Ⅰ 1-76(Fujimi)

 

栄えある対戦車自走砲の第一号は、Ⅰ号戦車にチェコ製4.7cm砲を搭載したこの車両です。フジミの傑作キットを例によって素組み。これも小学生のころに作った記憶があります。箱絵や以前にMMMでみたトニー・グリーンランド氏の作品をお手本にアフリカ戦線塗装にしてみました。

7.5cm PAK40 auf Pzkpfw.I Ausf. B (EMEWE 1/72)   in celebration of 70000hits

 

ベルリン防衛戦に使用された急造車両のようです。I号戦車の車台では、相当無理がありそうですが、この種の改造車両には興味をそそられます。キットはEMEWEのフルレジン。初めてのメーカーでしたが、組み立てやすく好感が持てました。車体、砲、防盾と出自を反映して塗装を変えてみました。

 

4.7cm対戦車自走砲 35(t) アタック(1/72)

4.7cm PAK(t) auf Pzkpfw.35(t) 1-72(Attack) 

 

大好きな35(t)の派生車両としては、ルーマニアのTacam2が有名ですが、こちらはドイツにより1940年前後に35(t)牽引車から2台試作されたタイプのようです。実戦にも投入されたという記載をインターネットで見つけました。作品は悪名高きAttack製1/72。確かにアタックの製品には驚かされることが多いですが、35(t)系列はまずまずです。個人的には早くTcam2がリリースされることを願っています。 2013/1若干の補正を施しました。

4.7cm自走砲R35(f) ミリキャスト(1/76)

4.7cm Pak auf Pzkpfw. 35R(f), 1-76, Milicast

 

フランス軍から鹵獲したルノーR35軽戦車から製造された自走砲です。手元の資料によると、Ⅰ号自走砲の後継モデルの位置づけで、174両も改造されたとのことです。独仏混合の車両なので、なかなか興味深いです。ノルマンディー戦で遺棄された写真をイメージして3色迷彩にしてみました。 2013/1に若干の補正を施しました。

Borgward III with 5cm Pak38, 1-72, Schatton-Modellbau 

 

ボルクヴァルトIII型特殊牽引車にPak38を搭載した試作自走砲です。ベースとなったIII型は28両製造され、うち2台が自走砲に換装されています。わずか3.5tの車体なので射撃時には後部の駐鋤を使用しました。キットは独Scattonのフルレジン。アルミ製の砲身パーツメーカーである同社には珍しいキットです。

Sdkfz. 135 マーダーI  モデルトランス(1/72)

Sdkfz. 135 Marder I, 1-72, Modell Trans Modellbau

 

フランスから接取したロレーヌ・シュレッパー牽引車を改造して製造された対戦車自走砲です。マーダーシリーズの初代ということになります。この車両は、スケールを問わずキットに恵まれず、ミッシングリンクになりがちですね。1/76でまともな代物はないため、ドイツのガレキメーカーであるModelltransのものを採用しました。非常に好感のもてるキットです。

マーダーⅡ ミリキャスト(1/76)

Marder Ⅱ SPG , 1-76, Milicast

 

Ⅱ号戦車にPak40 7.5cm砲を搭載した対戦車自走砲です。MMでも初期にキット化されていましたからメジャーな存在ですね。キットはミリキャストの1/76です。ハンガリーでの最後の攻勢となったバラトン湖での戦いに参加した車両をイメージしてみました。 2012年1月若干の補正を施しています。

マーダーII 7.62cm ミリキャスト(1/76)

PAK36(r) auf Pzkpfw.II Aufs.D, 1-76. Milicast

 

Ⅱ号戦車D型の車台にロシア製の7.62cm砲を搭載した自走砲です。キットはミリキャストの1/76。なかなかユニークな形状で気に入っていますが、この乗員は相当不安な戦いを強いられたのでしょうね。実車の写真解説がダークイエロー(Dunkelgelb)だったので、その通りにしましたが、この車両はやはりPanzergrauの方が似合うかもしれません。 2012/3若干の補正を施しています。

Ⅱ号15cm自走砲 ミリキャスト(1/76)

15cm sIG33 auf PzkpfwⅡ Ver.B, 1-76, Milicast

 

Ⅰ号に次ぐsIG33搭載自走砲(Bison)の2代目です。Ⅱ号戦車の車台にそのまま搭載したA型に比して、こちらは車長が延伸されたB型。全部で12台生産されて北アフリカで使用されたとのことです。キットはミリキャストの1/76です。近いうちにDAKフィギュアを乗せてジオラマ化したいと思っています。