Light Tank M5A1 early type (Mirage 1/72)

 

M3軽戦車に続いて開発された車両です。エンジンの供給不足からM3の生産が制約されたことへの対策として、フォード製の自動車エンジン2基を搭載する案から発展したようです。前期生産タイプは1942年3月から12月まで2000両余りが生産され、その後、新砲塔を搭載した後期型へと遷移していきます。アフリカ、欧州、アジアと各地で運用され、偵察任務など多様なタスクを担いました。

Medium Tank M3 LEE (Milicast 1/76)

 

第2次世界大戦の初頭、アメリカ軍の主力戦車は軽戦車のM1、M2でドイツ軍のIII号、IV号に対抗するには無理がありました。そこで急遽生産されたのが、M3中戦車です。75mm砲を搭載できる大型砲塔や砲塔リングの量産技術が不足しており、暫定策として車体に75mm砲を搭載するユニークな形状になったと言われています。この無骨な外観は好みが分かれるところですね。キットはミリキャストのレジンです。

 

M4A1(76)W VVSS (Dragon 1/72)

 

中継ぎのM3の車台をベースに、75mm砲搭載の大型砲塔を備えた本格的な中戦車として登場したのがM4シャーマンです。連合軍の主力戦車として終戦まで運用され、様々なバリエーションが存在しますが、本車は、鋳造車体のA1の後期型に76mm砲を搭載するT23砲塔を搭載した型で1944年から運用されました。キットはドラゴン製インジェクションキットです。個人的には、一番好きなバリエーションです。

 

M4A2 (Dragon 1/72)

 

M4戦車の生産が軌道に乗る中、空冷星形エンジンが不足する事態になり、その打開策としてGM製のディーゼルエンジン2基を搭載したのがA2型です。ガソリンエンジンを標準としていた米陸軍には向かず、海兵隊、レンドリース(イギリス、ソ連等)で運用されました。英軍のMk. IIIがこれに該当します。キットはドラゴン製のインジェクションです。太平洋での運用された海兵隊の車両をイメージしています。

M4A3(76)W  (Dragon 1/72)

 

M4シャーマンに76mm戦車砲M1を搭載した武装強化版です。車体が溶接構造になり、エンジンはフォード製の8気筒ガソリンエンジンが採用されています。ドイツ軍のTiegerやPanther相手では能力不足が懸念されましたが、高速徹甲弾を装備することで十分な戦闘力を備え、大戦後期に大きな戦果を上げました。シャーマンの中では一番バランスが取れているように見えます。キットはドラゴンのインジェクションです。

 

M4 with T34 Calliope (Esci 1/72)

 

M4戦車に多連装ロケットを搭載したタイプです。このロケット砲は、パイプ状の発射筒が並んだ形状から、ミュージカル用楽器のカリオペに見たてられ、この名称になりました。キットは古参Esciのインジェクションです。昔から同社のシャーマンは評価が高かったですが、今日の目で見ても実車の特徴をよく捉えた好キットだと思います。

M32B ARV Recovery Tank (Milicast 1/76)

 

M4のバリエーションの戦車回収車です。砲塔を除去して、砲塔によく似た形状のスペースを搭載し、ウインチと回収用クレーンを装備しています。密度感があり、模型映えする魅力的な車両だと思います。その昔、イタレリ(イタラエレイ)の1/35キットを模型雑誌でみたときから気になっていました。今回はミリキャスト製のレジンを採用してみました。

M8 Greyhound (ITALERI 1/72)

 

当初は対戦車車両として開発されたものの、制式採用が決まった1942年時点で搭載された37mm砲の能力不足から、偵察戦闘車として運用されることになったのが当車です。フォードが開発・生産を担当し、生産台数は8600台に及びます。戦後も様々な国で運用された成功作です。

キットはイタレリのインジェクションです。最近店頭で見かけなくなってしまいましたが、作りやすい良いキットなので是非供給を続けてほしいものです。

2.5t Truck GMC CCKW (Academy 1/72)

 

第2次世界大戦中に開発・投入されたアメリカの代表的なトラックです。積載量2.5トン6輪駆動構造を備えています。生産量は実に56万台(派生型のDUKWを含む)と、大戦中にアメリカで生産された軍用車で最多を誇ります。戦争映画等でも定番の存在ですね。キットはアカデミーのインジェクション。特徴を捉えた大変良いキットです。

Dodge WC-51 (ITALERI 1/72)

 

小型トラックメーカーのダッジ社が開発した軍用車両です。1941年に生産された1/2トンシリーズの改良型として、1942年に積載量3/4トンタイプの生産が始まり、数多くのバリエーションが生まれました。WC-51もその一つでウエポンキャリア型に分類されています。WC-52と合わせて18万台が生産され、ジープよりも大きな車体を活かして様々な用途に活用されました。キットは旧エッシーのインジェクションです。